歯医者ではよくレントゲンを撮りますが、身体に悪影響はありませんか?

放射線はよく「放射能」と混同されることがあり、余計に患者さんが心配になる部分だと思います。
レントゲンは放射線の一種であるX線を利用していて、これは原発事故などで影響を与えた放射能とは違うものです。

当院ではデジタルX線での撮影を行っており、一部分の歯を撮影するデジタルX線写真では0.01ミリシーベルト、口全体を撮影するパノラマX線写真では0.03ミリシーベルトです。

ちなみに、実は普段の生活でもX線を浴びていて(自然放射線と呼びます)、日本人の年間平均では1.5ミリシーベルトとなっています。

このように、歯科における検査による放射線は、自然放射線に比べて、ごくわずかな放射線量です。
レントゲンで得られる情報は、実際にお口の中を診察していても見ることができない部分の虫歯や病変などを知る上でとても有効なので、ご理解をお願いいたします。

こちらの回答は役に立ちましたか?

お問い合わせへの回答改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。